東京のマンションを賃貸に出すことに決めた時の話

築年数が浅いのに高い値段で売れない

頭金2,000万円貯まったのでマンションを購入 / 築年数が浅いのに高い値段で売れない / 顔なじみ不動産会社に相談

子供はまだ幼稚園に通っている年齢ですから、2人を残して自分だけ単身赴任するわけには行きません。
仮に、単身赴任をすれば実質生活費が倍近くになりますし、赴任先はアパートを借りなければならないので家賃の支払いと住宅ローンの返済、両者の支払いが発生し、経済的な負担にもなりかねないわけです。
ネットを利用してマンションを売却するとした時の相場を調べてみましたが、築年数が比較的浅いのにもかかわらず、それほど高い値段で売れるものではなかったのです。
住宅ローンをすべて返せる、そして頭金で充当した約2,000万円の内、半分程度の回収が出来れば良い方なのか、などと考えたこともありましたが、生活費を節約しながら蓄えた頭金ですから、安値で売るわけには行きません。
売却をすれば損をしてしまう、このように考え始めた時点から売却は止めて、賃貸に出すことを考え始めました。
賃貸に出せば、部屋を利用する人から毎月家賃を受け取ることが出来ますし、管理費や修繕費などを家賃に充当して貸し出せばローンの支払いも出来る、別途毎月納めている管理費や修繕費などを支払う必要もなくなるわけです。

マンション賃貸に出す賃貸マンション情報